レビトラ5mgの効果と使用注意点について

レビトラLevitraは2003年にドイツのバイエル社から発売され2004年に正式に日本で認可された世界で2番目にできたED治療薬です。日本では、レビトラ5mgと10mgと20mgが認可となりました。レビトラはバイアグラを更に改良して使いやすくなったものです。バイアグラが服用後1時間ぐらいで効果が出始めるのに対して、レビトラは15分から30分で効果が出始めます。バイアグラは空腹時でないと効果が出ませんが、レビトラは食事の影響をあまり受けません。効果の時間もバイアグラが3~4時間に対してレビトラ(20mg)は8~10時間と長くなっています。現在日本で認可されているED治療薬で一番強力な勃起力を得られるのは、レビトラ20mgとなります。

レビトラは塩酸バルデナフィル水和物という有効成分によりPDE5阻害作用によって勃起を補助してくれるのですが、当然ながら5mg,10mg,20mgであっても含まれる成分や作用は全く同じですし、発症する可能性のある副作用として顔の火照り、頭痛、鼻水、胸焼け、動悸などがあるという点も同じです。

レビトラ5mg錠は「即効性・短時間タイプ」のED治療薬5種類のなかで最も副作用が少ないお薬です。食事の影響をあまり受けない点、ほろ酔い程度までは飲酒しても大丈夫な点、副作用が少ない点で同じ弱ランクのバイアグラ25mg錠よりも優れています。勃起をサポートする効果(性行為達成率)に関してはバイアグラ25mg錠と同等です。

レビトラ5mg錠はシアリス5mg錠と同様、「初心者のためにED治療薬」と呼べるお薬です。軽症EDの方、副作用が心配な方、「パートナーにED治療薬を使っていることを知られたくないので効き過ぎたら困る」という方、また、経済面から値段の高い高用量のお薬が必要ないという方にお勧めです。

レビトラ5mgの具体的な薬効ですが、服用20分後から効き始め、服用45分後に効果のピークを向かえます。その後、徐々に効果が弱まり、服用4時間後に十分な勃起サポートが受けられなくなります。その後も服用24時間後までは若干の効果が残りますが、性行為時に十分なサポートが得られるほどの効果ではありません。

使用上の注意点としては、食事やお酒を服用前に食べ過ぎない飲み過ぎないこと、脂っこい食事を服用前に避けること、効果の強い時間帯(ピーク時)に性行為を行えるようにタイミングを合わせて服用することが挙げられます。